FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザー車検

2013年12月16日月曜日

テリオスキッドのユーザー車検に行ってきました。

新潟の紫竹卸新町にある軽自動車検査協会です。

事前にネットで予約をして、私は9:00からの1ラウンドにしました。

ユーザー車検前に足回りやエンジンルームの点検など、点検整備記録簿の項目を自分なりに点検しました。
普段外している後席のヘッドレストも付けました。

当日持って行ったもの

・印鑑
・自動車検査証(車検証)
・軽自動車税納税証明書
・自賠責保険証
・点検整備記録簿(私は持っていきませんでした。)
・ユーザー車検予約完了のメールを印刷したもの
・お金
*点検整備記録簿は提出を求められますが、「あとでしておきます」等と言えば無くてもよかったです。

軽自動車税納税証明書はその年のものを、自賠責保険証は現在入っているものと、これから継続する新しいものを

自賠責保険は事前にイエローハットで払ってきました。(24か月 26,370円)

まず、建物内の窓口で手続きをします。初めてのユーザー車検であると伝えたら丁寧に書き方を教えてくれました。

ここで、用紙代35円を払います。


基本的には車検証を見ながら車両番号等を書いていきます。

私の場合、所有者と受験者(ユーザー車検を受ける人(私))が違いますが、しっかり間違わずに書いておけば大丈夫です。

別の窓口で検査手数料(1,400円)と
重量税(7,600円)を払います。

手続きを済ませると、一番外側の①コースへ進むよう言われたので、車に乗り移動します。

なお、車には受験者1名しか乗れませんので同伴者がいる場合は、建物内にいるか、ユーザー車検のライン見学するなどします。(当日、父がいたので父は見学していました。)



ユーザー車検の始まりです。

係りの人に「初めてです」と言っておきました。

車を降りボンネットを開けて待ちます。車体番号、パワステオイルやブレーキフルードの確認、車内の点検をしていたようです。

IMG_5356.jpg
ここから、スピードメーターの検査(40キロ)やブレーキ、サイドブレーキの検査です。
右タイヤを白線の内側ぴったりに沿うように進むのが難しかったです。

寒いですが窓を開け、係りの人がつきっきりで説明してくれるので助かりました。


IMG_5357.jpg
ヘッドライトの光軸検査中です。上向き(ハイビーム)で行います。



ここまで無事にクリアです。


そのあと、排気ガス測定をします。

車外に出て測定器の棒をマフラーにいれます。

排ガスのCOとHC値を測りますが、

ここでまさかのCOが不合格。

上にある電光表示板に「×」が点きます

検査官が、「アクセルを吹かしてみて」と言ったので、車内に入り空ぶかしします。

2回目の検査も「×」不合格。

自分のテリオスキッドの年式だとCOは2%以下が合格ラインですが、4%もありました。


完全にアウトだねっか。

検査官の指示で記録用紙を機械に差し込みます。

クリアできずに次へ進みます。

リフトに乗りエンジン切ってハンドルを左にいっぱい切ります。エンジン掛かってないので、パワステの力がないのでハンドル重いです。

ヘッドライト、フォグランプ、左右ウインカー、ハザード、ワイパー、ウォッシャー液の検査です。

ナンバー灯が点いていないとのことでしたが、検査官がトントンと叩いて点灯したので大丈夫でした。

ハンドルを小刻みに振ったり、右へきったりして終わりです。

ここは無事合格でした。

ということで、排ガスのCOだけが不合格でした。

月曜は、車を買った店も、ダイハツディーラーも休みです。自分で何とかしなくてはなりません。

とりあえず、モノタロウで買ったエアクリーナー(703円)に交換して、軽自動車検査協会の向かいにある株式会社田中商会で検査してもらいました。(検査料1,00円)*当日であれば1000円で何回も測定してもらえます。
ここは測定だけで調整等は行わないようです。

エアコンは切って、空ぶかしをするとよいとアドバイスをもらいましたが、
検査の結果はCO2.5付近で安定しません。

点火プラグかO2センサーが悪いのかなと田中商会の人。



一か八か再検査を受けました。①コースの入口にいる係りの人に「排ガスの再検査です」と伝え、排ガス検査の場所まで進みます。



結果は2回やって「×」不合格。

検査用紙を機械に差し込み退場。



再度田中商会さんへ
エアークリーナーを外してみて測定するも基準はクリアできず。

事務所から社長さん?みたいなオーラの人も出てきて相談に乗ってくれたりで恐縮です。



ここまでくれば、そのO2センサーを調べるしかない。

一旦家に帰り、遮熱カバーとO2センサーを外します。いずれもエンジンや排気熱で固着ししぶといです。
遮熱カバーのボルト2本折っちゃいました。直してんだか壊してんだか。
O2センサーを何とか外し、パーツクリーナーとブラシを使ってガンガン洗浄。


その後取り付け、また、田中商会さんへ


何度もすいません、先ほどの社長?も出てきて検査の表示を見ています。


O2センサー洗浄、エアークリーナー取り外しで検査すると、1.5~0.5くらいで基準の2%をクリアしています。
おまけにHCの値もだいぶ下がっています。
自分でO2センサー外したといったら田中商会の人少し驚いていました。


再再検査、排ガス測定へ。
検査官の人に覚えられ、「今度はどうかな?」と
祈りながら結果を待つと

「○」合格しました~よかった~

記録用紙を機械に入れ、駐車場へ。

用紙を持って窓口へ


しばらく待っていると、新しい車検証とフロントウインドウに貼るシールをもらってユーザー車検は完了です。

IMG_5407.jpg
左上がガラスに貼るシールです。


ユーザー車検でかかった費用
・自賠責保険料     26,370円
・重量税           7,600円
・検査料           1,400円
・用紙代              35円
・(株)田中商会検査料   1,000円

           計36,405円(自分の車両の場合)軽自動車でも年式等によって変わります。


ほぼ、1日仕事になりました。事前の点検等も入れるとさらに加わります。
いろいろと自分でやったので勉強になりました。

これであと2年は乗れますが、部品交換などはしていないのでいつかぼっこわれることもあるかもしれません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。