FC2ブログ

K125 キャブレターオーバーホール

2018年3月4日

K125のキャブレターを分解、掃除しました。
K125を運転してみると低速がスカスカで中速あたりで急にドーンと加速していくという、ビジネスバイクとして扱いにくい特性で、どうもおかしいと思っていました。まるでターボエンジン車みたいな、しかもドッカンターボ型で乗りにくい。

キャブレターカバーを外します。もちろん+ネジなので舐めないようショックドライバーフル活用。
IMG_8807.jpg

2ストでロータリーディスクバルブエンジンなのでキャブはクランクケース横にあります。

クランクケース前部のゴムキャップを外し、+ネジを外しキャブを外します。
IMG_8809.jpg
アクセルワイヤー、チョークワイヤー、燃料ホース、エアーベントホース、ドレンホースを外します。

エアーベントとドレンホースはカッチカチに硬化していてラジオペンチでつかんだら割れました。
結果ホース破壊して取れたので良いのですけどね。

IMG_8810.jpg
-ネジとスプリングがあるエアー調整ネジは元の位置が何回転なのか一回閉めこんで記録しておきます。
1と1/4回転戻しでした。
分解してキャブレタークリーナーで洗浄しました。

ガスケットは新しく交換しました。
IMG_8811.jpg
組み立てて取り付けていきます。
カブ系のキャブと違ってチョークの働く仕組みが理解できません。

車体に取り付けるとき、アクセルワイヤーに付いているニードルクリップが一番上に設定されていて、標準がどの位置かわからなかったのですが、5段あるうちの真ん中(3番目)に移し変えておきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR