FC2ブログ

サスペンション交換

2016年7月31日 日曜日

CT110のリアサスペンションをYSSスーパーカブ50・70・90・リトルカブ用のサスに交換しました。

純正のサスペンションは5段階ある調整を一番柔らかくしても、バタバタして乗り心地は良くありません。(空荷の板バネ軽トラの荷台のイメージ)
なんとなくの予想ですが、バネは固くはないが、内部のオイルが固くサスのロッドの動きがいまいちな感じがします。

それに比べて、YSSサスは良く伸び縮みしてくれます。
実際、地面に当てて全体重をかけ押して比べてみると、YSSの方が縮みます。

スーパーカブ50~90のの車体重量が80キロ前後なのに比べて、CT110は90キロを超えてます。

純正サスは、それなりの車体重量を支える目的と、海外での大柄な人に対応する容量、ハードな使用?に耐えるため、初めから固く作られているのかもしれません。そして5段階調節機構もついてますし。

色はメッキ・ブラック

IMG_7826.jpg

IMG_7827.jpg
長さは純正と同じ330mmです。
パッと見で太さが違いますね。
純正サスは赤く自家塗装してあります。

IMG_7828.jpg
YSSはチェーンケースに干渉しないようオフセット設計されています。

IMG_7829.jpg
サス上部はCT110はゴムのブッシュでの取り付けなので、YSSのブッシュと金属のカラーは取り外します。
ちなみに下部の取り付け部はスーパーカブと径が同じでしたのでそのままで大丈夫でした。

IMG_7830.jpg
カラーの取り外し
ディープソケットレンチのサイズの丁度良いソケットを当てて、ハンマーで叩いて外しました。

IMG_7831.jpg
ブッシュも同じように叩いて外しました。

IMG_7832.jpg
CT110のブッシュも取り外し、YSSに付け替えました。

IMG_7833.jpg
これで、無事取り付けできます。

IMG_7836.jpg
チェーンケースに干渉はありません。

IMG_7837.jpg
車体右側はマフラーがあるのでちょっと厄介です。
サス取り付け部、バッテリー上部のナットは完全に取り外し、エンジン部分は軽く緩めておき、マフラーが少しずらせる程度にしておきます。
画像のナットはマフラー固定ナットを外し、次に現れるサス固定ナット部分です。
このナットはサイズが19なので、手持ちのソケットは最大17しかなかったので19を探し回りました。

IMG_7839.jpg
こちらも無事に取り付け完了。

IMG_7842.jpg
YSSはサスペンションが太いですが、マフラー部の「逃がし」の部分に当たることなく行けました。

夕立のため、近所を一回りしたところ、バタバタ感はなくなったように感じます。
フワフワ感が出てきたかな。私的には底付きしない程度の柔らかいほうが好みなので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR