HID取り付け

ベンリィのヘッドライトが切れたのを良いきっかけに、中古で買っていたソーラムHIDを取り付けました。(7月あたりに)



IMG_6462.jpg
年式により違いがあるかもしれませんが、うちのCD125TはPH8というタイプです。
「8」のアダプターを付けます。

IMG_6460.jpg
純正の配線。
たぶんですが、
緑がアース
青がハイビーム
白がロービーム

IMG_6461.jpg
青の配線を二股にするものを作り、キボシ端子同士を接続

スクーターならインバーター等をカウルの中に収められるのですが、無理なので、私はヘッドライトケース周辺にしときました。

IMG_6463.jpg
HIDバルブからは高圧ケーブル、低圧ケーブルの他にハイロー切替ワイヤーの3本があります。


取付け後、点灯してみると、エンジン始動直後のアイドリングが不安定な時は、立ち消えしますが、自動で再点灯してくれます。
立ち消えが何回か続くと、そのまま消えたままとなります。しかし、手動でハンドルのハイロー切替スイッチをハイにすると、点灯します。

点灯直後は青みがかかっていますが、しばらくすると、白色になります。

そして、紫外線が強いのか虫がやたらと飛んできます。

さすが、HIDなので明るいです。

しかし、ハイローの切替ワイヤーの取り回しが悪いのか、切り替わりません。
手動でワイヤーを突いても、ハイとローの配光の差は少ないです。電球みたいに光源が切り替わらずHIDバルブ自体が多少動く程度なので仕方ないのかもしれません。
でも、ロービームだけで明るいので我慢はできます。


時は経ち、9月下旬

交差点でウインカーを付けたら、ウインカーの点滅がおかしい。
ロービームなのにメーターのハイビームインジケーターが薄暗く点いている。
信号待ちで前車に映るはずのライトの明かりが映らない。
これはおかしいと、国道脇の駐車場で点検開始。
ホーンボタンを押すと押されっぱなしで反発がないのを確認。
おまけにニュートラルランプも点かなくなり、ヒューズが切れてしまいました。

ハンドル左側のスイッチボックスを車載工具で何とか開けて、ホーンボタンのバネを伸ばしてスイッチは復活しました。
スペアのヒューズに替えて、エンジンをかけて各種の動作を確認してみましたが、HIDライトだけ点きませんでした。

残念ながら10月現在はハロゲン球に戻してあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時代はLEDでしょ(^_^)
プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR