スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪上エンデューロ

2014年2月23日日曜日

長岡市小国町で開催された「おぐに雪まつり」の「雪上エンデューロ」を見に行ってきました。

IMG_5747.jpg

今シーズンは雪が少なく道路には雪がなかったのでバイクで行きました。
久しぶりにハンターカブに乗りました。

会場近くの駐車場はすでに大会参加者の車で満車(10:30)だったため、スタッフに別の駐車場を聞いたところ、バイクは会場近くの駐車場まで行ってもいいとのことでしたので、邪魔にならないよう端っこに停めました。

車で来たお客さんは、シャトルバス発着場の駐車場まで行くようです。

IMG_5742.jpg
私が見たのは午前の部の排気量の小さいクラス?初心者クラス?の部分です。

IMG_5755.jpg
(写真、左側の横向いている2台は休憩中ではなく、転んでからの立て直し中)
オフロードバイク・モトクロスみたいなバイクから、モンキー、スクーターといった小径タイヤの車両、そして、


IMG_5750.jpg
スーパーカブもいるねっか。
カブってどこにでもいるな。万能バイク過ぎらね。

もちろん各バイク、ブロック状のタイヤ、スノータイヤでした。

IMG_5744.jpg
山のジャンプ台で転んじゃうと渋滞発生
スタッフが旗を振って後続車両に注意を促がすようです。

IMG_5756.jpg
午前のレース終了後コース整備中

おぐに雪まつりの会場では、飲食の出店もありました。
当日は雪が降ったり止んだりの天候で、寒いので防寒着をしっかり着込んだ方が良いです。
スポンサーサイト

ヘッドライトバルブ交換

ミラリード社のエクセレントイエローからRG(レーシングギア)の「リアルイエロー」というのに交換しました。



規格
H4
12V
60/55W
130/125Wクラス
2800k

IMG_5632.jpg
ガラスの部分が完全に黄色です。
おまけに、トップのコート?部分も黄色くなっています。

IMG_5634.jpg
蛍光灯にかざすとこんな感じです。

IMG_5636.jpg
左が(純正)右が(リアルイエロー)
若干、バルブの太さがリアルイエローの方が太くなっています。

IMG_5728.jpg
点灯の様子。

IMG_5729.jpg
リアルイエロー(下向き・ロー)

IMG_5731.jpg
リアルイエロー(上向き・ハイ)

かなり黄色くなったのがわかります。写真だと黄色が強く写り込んだ感じもするが、こんな感じのイエローの照射です。

撮影時は路面に雪がなく乾いていますが、積雪時の路面、路肩両方とも雪の場合、黄色の照射だと路面の状態がわかりやすく感じます。白い雪に白い色のライトでは路肩の判別が難しかったので。

猫の日みたいです

2月22日は 2/22で、222 「に、に、に」、「にゃん、にゃん、にゃん」「にゃんにゃんにゃん」で

猫の日となっているようです。

ということで、写真です。



IMG_5500.jpg
あ~いいなぁ、癒されるなぁ

新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(新潟アイスアリーナ)へ

滑って転んでばんざ~い ア~イスリンクに連れてって・・・ニイガッタ、アイ~スリ~ンクのCMが懐かしいの今は無き新潟アイスリンク以来のスケート場に行ってきました。

新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(新潟アイスアリーナ)です。

スケートやるのは十何年ぶりで幼稚園で行ったきりです。

まぁ、幼稚園の時滑れたんだし、スキーも滑れるようになったから、今もスケート滑れるやろうっと単純な思いで行ってきました。

費用は、大人1,500円(貸靴付き)

手袋が必要です。(指まで隠れるもの)
軍手で滑ってる人もいますが、スキー用のしっかりしたものの方が良いと思います。

なお、手袋のレンタルはなく、200円で購入です。

あとは、長袖、長ズボン、防寒着

私は、スキーウェアのズボンを履いてないだけで腰から上はスキーに行く恰好でしたので。
靴下は、すねまであるタイプかハイソックスが良いと思います。

駐車場はあまり広くなく、3時間無料その後、30分で300円みたいです。
しかし、私が行った土曜日はどういうことか、何時間でも無料でした。

でも、すぐ近くに無料の新潟テルサや産業振興センターの駐車場があるので、無理に駐車料金のかかるところに停めなくてもいいような。

入場。

IMG_5653.jpg
券売機でチケットを買います。
食券みたいな感じです。

IMG_5674.jpg
出入り口のゲートです。

チケットのバーコードをゲートのセンサーにかざすと入れます。

退場するときは、バー付近に近づけば勝手に開きます。

貸靴コーナー
IMG_5654.jpg
子ども用から、30センチの靴までありました。それ以上はちょっと確認できませんでした。スタッフに言うと出してくれるのかな?

子ども用にブレードが2本の安定するタイプもありました。

以下、靴の種類。スタっフに聞いてみました。

IMG_5655.jpg
これは、フィギュア用のシューズです。初心者はこの靴です。先端にギザギザのブレーキ?が付いています。
私はこの靴の27.5センチでした。

IMG_5656.jpg
ホッケー用のシューズです。先端も後部もなめらかにカーブしています。

IMG_5657.jpg
スピードスケート用のシューズです。ブレードが長いのと、くるぶしあたりまでのスニーカーのようです。


ロッカーにカバンや外ばきの靴を入れますが、100円必要です。この100円は返却されませんでしたので、気を付けてください。

壁際に靴を置いていく人もいました。



貸靴コーナーを出ると、こんなのがあります。
IMG_5658.jpg
ヘルメット、ひじ、ひざのプロテクターの貸し出しです。子どもはもちろん、大人サイズもあります。付ける付けないは自由のようですが、安全のための装着です。

IMG_5662.jpg
注意事項。

再入場ができないというのは、先ほどのゲートの部分で、リンク内と、貸靴コーナー、軽食場なんかは自由です。

IMG_5666.jpg
こちらが、メインリンクです。

IMG_5661.jpg
こっちはサブリンク。

私みたいなまるいっきり初心者はこっちのサブリンクで練習して、慣れてからメインリンクに行くのがいいようです。

どちらのリンクにもスタッフが2名ほど滑っていました。

IMG_5665.jpg
メインリンク。
貸しソリもあります。(写真のイス)(たしか30分100円?だったかな。すみません、不確実です)

IMG_5667.jpg
左回りで、真ん中付近は上手な人スペースみたいになっていました。
基本、初心者は、壁につかまりながらなので、外側の方が流れがゆっくりです。

IMG_5663.jpg
IMG_5664.jpg
トイレの入り口に
マンガ、アニメのまちにいがたをアピールするキャラ、「花野 古町」「笹 団五郎」のスケートバージョンのイラストがありました。

ちなみに、手洗いの水が、お湯で出てくるのでありがたかったです。おもてなしですかね。


しばらく滑っているとアナウンスがあり、こんなのが出てきました。
IMG_5669.jpg
アイスリンクのメンテナンス車両です。

IMG_5672.jpg
テカテカ、ピカピカになっているのがわかるろっか?

IMG_5673.jpg
作業後は少しぬれていますが、以前とは比べ物にならないくらいツルッツルにすべり、驚きました。


今回初めてアイスリンクに足を踏み入れたとたん、正直、「えっ、スケートってバカ滑るねっか!スキーより怖い。なんで幼稚園の時あんなに滑ってたんだよ俺。」「スキー滑れてもスケートはすべれねぇ~」

とか、思ったが、壁に手をついて歩いたり、練習してるうちに、滑れるようになってました。

でも、習っているわけでなく自己流滑りです。スキーのクロスカントリーみたいに逆ハの字で歩くように前に進み、
ブレーキは、スキーみたいに、内またハの字(ボーゲン)でやってました。片足で引きずるようにするブレーキは出来ませんでした。
滑っていると夢中になり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

100円チャッカマンの火力アップ!!

2014年2月6日木曜日

去年くらいに100円ショップで買ったチャッカマンが、ここ最近火力最大にしてもほんのちょっとしか火が出ず、
おまけに何回カチカチと点火レバーを引いても火のつきが悪くて仕方ありません。おまけに点火レバー固いから何回もやると指が疲れるし。

火が小さいから石油ストーブに点火しようとしてもなかなかつきません。

もちろんガスはまだ入っていますよ。捨てるのはもったいなさすぎるので、

分解して、火力の調整を少し上げてやろうと思います。

IMG_5639.jpg
こんな100円チャッカマンです。

IMG_5640.jpg
ガスはまだ入っています。

IMG_5642.jpg
これで、火力は最大の位置です。

買ったばかりの頃は火力最小の位置がこのくらいの炎だったと思います。

IMG_5643.jpg
ネジ2本外して本体を開けます。
左側の白いキャップみたいなのが接着されていて取れなかったので、このまま半分開けた感じで作業を進めました。

IMG_5644.jpg
白いギザギザしている部分が火力調整のプレートです。写真の位置だと火力は最大状態です。

この火力調節を少し上げ、ガス量を上げたいと思います。

IMG_5645.jpg
火力最大の位置にしたまま黒い部品をずらします。

IMG_5646.jpg
こんな感じで黒い部品をどかします。

IMG_5647.jpg
火力調節を回転させないように、白い火力調節プレートを上にずらします。

IMG_5649.jpg
火力調節は回さずに、火力調整のプレートを今度は火力最小側になるようにはめ込みます。

これで、ガスの量の調整ができました。

作業は以上です。あとは逆の手順で元に戻します。

IMG_5651.jpg
火力最小時の炎

IMG_5652.jpg
火力最大時の炎

ぎょぇーーー!!

火力上げすぎた!!

ボンバーマンでいったらフルファイヤー並みの危なさだねっか!!すかさず火力最小の位置へ

さっきの火力調節プレートをはめる位置を最小ではなく、中間付近で大丈夫そうです。

これで、ガスを最後まで使い切ることができそうです。

点火時にガス量が増えたことで、新品時並みに数回点火レバーを引くだけで点火でき、助かりました。
プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。