集え!あだたらカブミーティング!

2013年9月22日日曜日に 福島県 安達郡大玉村大山字新田10 (プラント5の隣)で

「第2回あだたらカブミーティング」が開催されます。

実は、昨年も参加したんですよ~
CT110で参加します。今回のエントリー番号は25番です。

9:00受付開始です。

新潟からの参加者は私の他にいるかなぁ?


追伸

当日、寝坊してしまったため欠席しました。残念~
スポンサーサイト

北へ!北海道ツーリング9

2013年9月14日土曜日~15日日曜日

余市ライダーハウス岡本を出発。小雨です。

国土5号を小樽へ向けて進む
セイコーマートで船内での飲食物を調達。これでフェリーでの食事が安く済みます。
DSC_0067.jpg



新日本海フェリー小樽フェリーターミナル
初日の雨で家で印刷した乗船券がボロボロになったので、乗船窓口で発行してもらい、フェリー乗り場駐車場へ
DSC_0069.jpg
雨だったので寝袋はビニール袋でカバーをしサイドバッグ二も赤いカバーを付ける。

バイクから乗船。

船内は風呂、読書、寝る、しかなくこれで過ごす。

15日下船準備
DSC_0071.jpg
こうして見ると新潟行のフェリーの方が混雑しています。
6時頃、車から下船開始。
新潟上陸。

そして帰宅。

14日~15日行程
余市ライダーハウス岡本、小樽フェリーターミナル、フェリー「ゆうかり」、新潟フェリーターミナル、自宅

北へ!北海道ツーリング8

2013年9月13日金曜日晴れ

おぉ、13日の金曜日か

大和旅館ライダールーム出発。
DSC_0022.jpg
洞爺湖温泉の市街地

デジカメバッテリー切れでスマートフォンでの写真ですが、だいぶ横長だな。設定変えればいいのかな。



DSC_0008.jpg
洞爺湖の中島

昨日来た道を少し戻り、昭和新山へ
DSC_0014.jpg

DSC_0012.jpg
なんか、ガス?煙が出ています。

DSC_0021.jpg
有珠山とお土産屋とツアーのおじさんおばさん集団。写真撮っていたら、夫婦のから写真を撮ってくださいとお願いされた。もちろん撮ってあげる。

ここの駐車場はお金取ります。バイクは100円だったからまだよかったけど、ロープウェイ乗るわけでもなくただぶらっと来てみただけの自分にとって思いがけない出来事でした。

国道230のサイロ展望台へ
DSC_0027.jpg
ヘリコプターでの洞爺湖観覧の発着場が隣にありました。

そろそろ、残念だけど旅も終わりなのでサイロ展望台のお土産店で、ハッカ飴や流氷飴、ジンギスカンキャラメル、ガラナキャラメルなど大学の研究室用お土産を購入。チョコレートなどはバイクだと溶けるし、箱ものは場所取るから、バイク旅だとお土産も考えて買わないと。多く買っても収納場所がないし、そもそもお金がないからな。

国道230から道道66へ
DSC_0032.jpg
羊蹄山が見えます。この山は蝦夷富士とも言われているみたいです。きれいな山の形です。

DSC_0030.jpg
別角度から


羊蹄山の湧き水へ
DSC_0035.jpg
DSC_0036.jpg
DSC_0038.jpg
いっぱい人がいた。

つぎも湧き水へ
なんか湧き水めぐりみたいになっているね。

羊蹄のふきだし湧水
ふきだし公園へ

DSC_0050.jpg

DSC_0049.jpg
観光客たくさんいました。

なるべく上流から湧水を取ってみる。

ここの駐車場で留萌のみつばちハウスでであったライダーと再会する。

道道478へ
DSC_0051.jpg


途中の「倶知安」はなんて読むかわかりますか?




わたしは「ぐちあん」?かと思ったりしていましたが、道路標識のローマ字読みを目を凝らしてみてみると、
「くっちゃん」と書いてあります。

くっちゃん町かぁ~、おもしれぇ~かわいい感じら

羊蹄山周辺は市町村の境目が多くあります。


道道58の倶知安ニセコ線へ

次に道道66のニセコパノラマラインへ

一気に走り、岩内町の海沿い229へ

積丹(しゃこたん)(この読み方も面白い)
へ一気に進む

神威岬
DSC_0054.jpg
この岬は駐車場から徒歩で行きます。
時間もないから早歩きで
階段もあります。
疲れました。

しかも熊が出没したらしく、注意書きと、ラジオが鳴らしてありました。

DSC_0058.jpg
積丹ブルーの海が見えます。

DSC_0055.jpg

DSC_0056.jpg
徒歩でしか来れないような所に灯台作ったんか~


話題はずれますが、北海道のトイレって寒冷地らしく暖房機が着いてますね。
また、新潟では見ない凍結防止のトイレの水抜きレバー。
これまた北海道に来て初めて見た、トイレの水を流す所のボタンが普通に蛇口になっていること
DSC_0052.jpg

通常なら、ボタンを押して流したり、赤外線センサーで自動に水が流れたり、一定時間で自動で流れたり。

こんなタイプのものは初めて見ました。

これはやっぱり回せば回すほどいっぱい水が流れますね。もうあふれるんじゃないかと。


積丹岬へ
DSC_0060.jpg
徒歩専用のトンネルをくぐっていきます

DSC_0062.jpg


余市へ向け走り、海岸沿いにある「ライダーハウス岡本」へ
DSC_0064.jpg

このライダーハウスはツーリングマップルには乗っていません。

このライダーハウスを知ったのは、紋別のライダーチャリダー共和国での宿泊者から情報を聞きたことがきっかけです。

普通の家のようです。なので、出入り口は真ん中の玄関です。おばさんがやっています。
耳が遠いのかピンポン押しても出てきません。しかたなく玄関を開けて大声で呼びかけないといけなかったです。
隣にはラーメン屋が併設されています。

部屋は二階で、普通の民家のようです。ベッドとテレビがあります。
DSC_0063.jpg
この日も私一人だけでした。
友達の部屋に泊まったような感じでした。

13日の行程
大和旅館ライダールーム、昭和新山、羊蹄山の湧き水めぐり、ニセコパノラマライン、神威岬、積丹岬、余市ライダーハウス岡本

北へ!北海道ツーリング7

2013年9月12日木曜日晴れ

平取町のライダーハウス「ユーカラ」を出発し、海外線国道235から国道36を通り、苫小牧へ。

国道36をひたすら走り、室蘭へ。道道919に入り、まずは鳴り砂海岸へ。

歩くと音が鳴る砂浜ですが、音鳴らず。しっかり踏み込むように踏んでみてみも鳴りませんでした。

北海道では初めてともいえる、狭いくねくねの坂道を進み、トッカリショ岬へ

IMG_4890.jpg

つぎに、チキウ岬(地球岬)
IMG_4894.jpg

祝津公園へ
IMG_4895.jpg
ここから、白鳥大橋が見えたり、たまたま停泊していた、豪華客船も見えました。

securedownload4.jpg
ここから、スマートフォンのカメラで撮った写真です。
デジカメのバッテリーが切れてしまい、しかも充電器を持ってきてなかったので充電できなかった。

室蘭はちょっと通った感じ、商店街や住宅地は北海道としては狭い道が多いように見え、また、上り下りの坂道が多く、もうちょっと探検してみたかったです。

しかし、なんで国道36号の一部と白鳥大橋を自動車専用道にするんですか?

原付二種の110ccでは通れないじゃないか。

近くに高速道路の道央自動車道も通っているというのに。

白鳥大橋が自動車専用道なので、室蘭の岬の付け根まで戻るものの、ここでもまた国道36が自動車専用道となり、根室本線の電車わきの道を進む。進み終わったら、国道37を伊達方面へ進む。

伊達まで来たら、国道453へ入り洞爺湖方向へ、つぎに道道703へ

山道を走り終わると洞爺湖が見えます。道道2を洞爺湖温泉市街を目指し、本日の宿泊所「大和旅館」(だいわりょかん)
DSC_0005.jpg
ここは、旅館の一部屋をライダールームとして開放しており、温泉入り放題、布団、冷蔵庫、が使えます。
これで、1300円です。
DSC_0004.jpg
今回の旅では初めてとなる、一人だけの利用でした。こんだけの部屋を私一人で使いました。でもなんか一人は寂しいですね。バイク乗りや、旅人さんとの情報交換とか会話がないですし、あと、テレビがないというのも情報の入手ができず寂しさが募る。

ライダールーム隣の休憩室にある、本を読んで過ごす。その中に子供用の古い昔の図鑑、学習こども図鑑「じどうしゃ」が気になって読んでみる。
securedownload2_2013092021115718b.jpg
securedownload7.jpg
昔の日本車が載ってます。こういう車いいなぁ~

「けいさつの車」
securedownload.jpg
本当かよ!!昔ってフェアレディZのパトカーあったのかよ。
まるで、西部警察じゃないですか

securedownload6.jpg
うわぁ、クジラクラウンと呼ばれ当時不人気失敗作のクラウンのパトカーだ

今はなんか逆に珍しいですし、私が今見ても、いいデザインだと思うよ。

スピーカーや赤色灯が古い。

オートバイ
securedownload5.jpg
小さいですが、右中央の写真は、インドの警察ではなくって日本の警察です。日本もあんな曲芸のバイク乗りおまわりさんいたんだぁー。なんかこういう訳の分かんない無茶ぶりがおもしろい。

securedownload3_20130920211159130.jpg
こどものえんぴつ落書きあり。
自転車も古い。スタンド、サドル、ブレーキレバーあたりが古さを感じさせます。

12日の行程

平取町「ユーカラ」、チキウ岬、室蘭、洞爺湖、大和旅館ライダールーム

北へ!北海道ツーリング6

2013年9月11日水曜日晴れ・曇り

帯広の大正カニの家より

78歳おばあちゃんライダー出発ー!!

こんだけ荷物積んで原付二種スクーター乗るなんてすげぇーわ。

そろそろ、俺も出発。

まずは、6キロほど帯広市街へ向けて北上し、愛国駅へ。
IMG_4834.jpg
IMG_4839.jpg
IMG_4836.jpg
IMG_4835.jpg
あぁ・・・恋人の聖地ですか・・・私は一人旅なんでっ・・・

はい、つぎ行ってみよ~


幸福駅です。
IMG_4843.jpg
こっちの方が駐車場が広く、お土産屋もありました。
IMG_4845.jpg
IMG_4844.jpg
観光バスツアー軍団だやってきたぁー

急に激混み。
負けないようにガシガシ突き進み写真をバシバシ撮る。

IMG_4848.jpg
IMG_4849.jpg


お土産屋で先ほどのカニの家で一緒になった人と再会。こういうことって結構あるんだよね。
彼はこの先高速で進むとのこと。
そして、また次のライダーハウスでまさかの再会を果たしました。

この後は国道336を一気に南下し国道336へ入り黄金道路へ。
IMG_4850.jpg
トンネルが立て続けにあり、しかもトンネル内は寒い。
しかも、「えりも黄金トンネル」は道内最長で長さ4941Mだそうです。(ツーリングマップル情報)

割と新しく通りやすいトンネルがありましたが、その横で、旧道か廃道なんも多くありました。

襟裳岬へ
IMG_4851.jpg
到着~
IMG_4854.jpg

IMG_4856.jpg
IMG_4860.jpg
年がら年中風が強い所らしいが、私が行ったときはそんなことなく、そよ風程度のある意味レアな日。

霧の摩周湖で霧がないくらいレアか。

IMG_4862.jpg
あれ、左の岬の方が出ているような?

というわけで、最南端へ向けててくてく歩く。
IMG_4868.jpg
ここが襟裳岬最南端か。
IMG_4870.jpg


国道336を苫小牧に向けて
途中のエンルム岬
IMG_4873.jpg
階段上るのか~
IMG_4875.jpg
とりあえずダッシュで二段飛ばしで駈けあがる


海沿いを進み、国道235へ
静内で道道71に入り、二十間道路桜並木を見る。
IMG_4882.jpg

IMG_4879.jpg
桜の季節ではないが、コスモスが咲いていました。

IMG_4880.jpg
この道もずうっと真っ直ぐ。


国道235へ戻り、国道237、日高国道を走って、平取町のライダーハウス「ユーカラ」へ
IMG_4885.jpg
ドライブインの看板があり国道沿いなのでわかりやすいです。

ライダーハウス隣のドライブイン食堂でご飯を食べれば、宿泊料は無料です。
通常は500円。
聞いた話では午後6:30までドライブインをやっているのでそれまでに食事をとればいいようです。
IMG_4884.jpg

IMG_4883.jpg
ここで、大正カニの家と幸福駅で一緒になった人とまさかの再会。

ここの「ユーカラ」に泊まると管理人のご主人とライダーたちと一緒に記念撮影会が始まります。


9月11日の行程
帯広大正カニの家、愛国駅、幸福駅、黄金道路、襟裳岬、エンルム岬、二十間道路桜並木、平取町「ユーカラ」

北へ!北海道ツーリング5


2013年9月10日火曜日晴れ

紋別市のライダーチャリダー共和国出発。

ここから海沿いを離れて、内陸部へレッツゴー

国道273をトコトコ登っていきます。
内陸部はどういう訳か、虫がどんどんヘルメットのシールドにぶつかっていきます。
小っちゃい羽根の虫から、ハエ?蝶などなど

すぐに汚れてくるし、ぶつかった衝撃でびっくりするし、ウンザリです。


大雪山のある層雲峡へ
IMG_4799.jpg
IMG_4798_20130917235226774.jpg
銀河の滝と流星の滝とお土産屋を散策。木が茂っているせいか、水量が少ないのかよく見えない。

お土産屋ではウロウロ見ていただけだけど、シイタケ茶を貰った。

ついでにトイレでヘルメットのシールドを洗う。

層雲峡温泉を過ぎ、大雪ダム
IMG_4802.jpg

大雪山観光道路 道道1162 3ケタ道路以上の4ケタ道路とは。
ダート路の銀泉台へ
IMG_4804.jpg
IMG_4803.jpg
そこまで急坂でもなく走りきれました。

が、

IMG_4805.jpg
こんな看板あり。

IMG_4806.jpg
IMG_4811.jpg
IMG_4810.jpg
登山道入り口付近では水があったのでペットボトルに補給。

IMG_4813.jpg
だいぶ曇ってきました。ポツポツ雨が降っています。

北海道の三国峠
IMG_4816.jpg
道内最高所の峠です。

IMG_4819.jpg
三国峠後は国道273から道道85へ

本州でよく見る曲がりくねった山道になりました。

然別湖の湖畔を走る道なんか、ガードレールがなくミスったら湖にダイブです。

山道が終わり、国道274へ。
直線の道が続きます。じゃがいも満載のトラックなんかが通っています。

国道274から国道241へ。帯広へ向けて。
帯広は結構大きな街でした。街が直線で構成されています。

本日のライダーハウス「大正カニの家」へ
IMG_4829.jpg
ここは、帯広市が運営しているライダーハウスでログハウスです。料金無料。

IMG_4830.jpg
オール電化です。キッチン、鍋、やかん、シャワー室、トイレ、洗面所あり。女性専用部屋あり。

IMG_4832.jpg
テレビ、冷蔵庫、布団なし。床はフローリングなのでマット・寝袋は各自で準備が入ります。コンセント使用可能。
3連泊まで可能。
名簿に住所、名前等書いて、8時ごろ管理人が来るので免許証で本人確認。その後、みんなで掃除。

ハウスの前には広い駐車場に野外炭火コンロあり。

CT110×2
IMG_4822.jpg
なんと、ハンターカブ乗りの人がもう一人やってきました。
左が私のバイク。右がもう一人の旅人さん。

IMG_4824_20130918005301484.jpg
荷物の量が全然違うな
同じバイク乗っている人がいるといろいろ話を聞けるから参考になりました。
やっぱり、リアサスペンションのショックは交換した方が良いとのこと。
「純正のは軽トラの乗り心地だが社外はクラウンの乗り心地」だそうです。


IMG_4826.jpg
手前のスクーターはなんと78歳のおばあちゃんのものです。
近所の買い物で乗るならまだしも、ヤマハのグランドアクシス100で荷物積んで北海道を走るんだから凄すぎます。驚きです。


9月10日の行程

紋別ライダーチャリダー共和国、層雲峡、三国峠、帯広、大正カニの家

北へ!北海道ツーリング4

2013年9月9日月曜日晴れ

稚内の最北端みつばちの家を出発。

日本最北端の駅へ
IMG_4751.jpg


そして、またまた、北防波堤ドームへ
IMG_4752.jpg

昨日と同じく国道238を通り、宗谷丘陵へ
IMG_4756.jpg
砂利道ですが、石ではなく、なんか貝殻を砕いたやつみたいでした。

宗谷岬
IMG_4757.jpg


国道238、宗谷国道をひたすら南下。特になんも見るものがないので、ずぅーっと60キロ走行でのんびり走る。

竿の列
IMG_4761.jpg
テントまで張っているし。
IMG_4762.jpg
鮭釣りですね。

砂浜に竿をいくつも並べて鮭が掛かるのを待機中。
よく見てみると、同じ長さ、色の竿です。

たまに、白い竿、青い竿、白い竿、青、白・・・と交互に並べていたりします。

しかし、海岸線でこんな光景を何回も見ましたが、釣れているとこは一回も見ていません。それだけ釣れる確率が低いのか、時期が早いのか。


オホーツク海側の北緯45度地点。
IMG_4769.jpg

千畳岩
IMG_4771.jpg

IMG_4772.jpg

ここは、無料のキャンプ場もありました。炊事場、トイレ、地面は芝生で心地よさそうでした。キャンピングカーでのキャンパーがそこそこいました。

「しか注意」看板
IMG_4778.jpg
道内にはこんな看板がいくつもあります。

道の駅「おこっぺ」
IMG_4784.jpg
ここには、ルゴーサエクスプレスという列車を利用した無料宿泊施設があります。


道内の小さな町や集落の道路。
IMG_4786.jpg
道は広く、片側で車2台ほど並んで走れる広さです。
新潟ではこのような場合、路側帯や、右折レーンが白線で書かれていますが、北海道は中央線しか書かれていない場所を結構見ました。
私はどの位置を走ればいいのか戸惑いました。
基本的には左の方を走りましたが、駐車中の車等によって真ん中走れば、後ろの車が抜くんだか、抜けないんだか、プレッシャーを感じますし、左側走れば、自分は右折する気はないけど後続車のドライバーは右折するんだなと誤解を与える可能性があるかもしれません。

まぁ、たぶん冬の除雪の雪を道路端にどんどん寄せるため、いろいろ白線書いちゃうと冬に白線どうり走行できないから単純に中央線しか引いてないんだと思うんだけどね。

紋別市へ
本日のライダーハウス「ライダーチャリダー共和国」1300円(たぶん)
IMG_4793.jpg
IMG_4788.jpg
薪ストーブ、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、風呂、布団、個室、女性専用部屋、コンセントなど
装備は充実しています。
IMG_4789.jpg
元旦に宗谷岬に行く人の泊まり場にもなるみたいです。スパイクタイヤ付けて行けば、圧雪路の場合100キロで行くとか凄すぎます。

「やきそば弁当」 北海道でしか売っていないようです。
IMG_4787.jpg
「弁当」とかって書いてあるけど、ようは、お湯を注いで、3分待って、湯を捨てるカップ焼きそばでした。

9月9日の工程
稚内最北端みつばちの家、宗谷岬、おこっぺ、紋別市ライダーチャリダー共和国

北へ!北海道ツーリング3

2013年9月8日日曜日 晴れ

留萌みつばちハウス出発

国道232号をひたすら北へ!日本海オロロンラインを走ります。
IMG_4590.jpg

IMG_4593.jpg
牛も北へ向いてます。

IMG_4594.jpg
時速70キロくらいかな
後ろから車来たら、道路の左側(路側帯の外へは出ない)へ寄ればしっかり車1台分空けて抜かしてくれるので風圧でふらつくことなく走れます。

車だけでなく、自分のハンターカブより速いバイクも抜かしていきますし、抜かし際に左手で「ありがとう」のような意味の挨拶をしてくれるので、逆にとろとろ走ってすみませんと申し訳なく感じます。


天塩(てしお)から道道106へ

オトンルイ風力発電所
IMG_4608.jpg
一列に28基もの風力発電のプロペラが並びます。(ツーリングマップル情報)

北緯45度
IMG_4613.jpg
IMG_4614.jpg

何にもありません。電柱とか矢印のマークもありません。
IMG_4626.jpg
「道」しかありません。まっすぐすぎて遠くの道路が空と同じ青くなってるし。

こんなまっすぐの道ぶっ飛ばしたいかもしれませんがCT110じゃ無理だな。
ずーっと一定速度巡行で燃費を稼ぎます。

というかそれしかできね。


道道106から254へ
IMG_4632.jpg
野寒布岬(ノシャップみさき)
IMG_4636.jpg
お土産屋、海鮮食堂、ノシャップ寒流水族館、南極越冬隊資料館、稚内灯台があります。

本日のライダーハウス「最北端みつばちの家」
IMG_4655.jpg
正直、やってないかと思うほど見た目はぼろかったです。600円。ステッカー2枚もらえます。


まだ明るいので、寝袋置いて、国道238で宗谷岬へ
IMG_4658.jpg
IMG_4681.jpg
夕方ですが人が多くいます。

IMG_4682.jpg
これは最北端の石碑を周り込んで裏の磯場から撮ったもの。つまりこの写真の時点で私が最北端の男になったわけだ。
すぐ足元のの海には魚がウヨウヨ泳いでいたよ。

IMG_4672.jpg
お土産屋 最北端証明書を発行してもらえる。たしか100円

ここのお土産屋以外でも証明書発行していたし。

IMG_4676.jpg
道路を挟んだお土産屋。「クマ出没注意」のステッカーとかあったけどこれって北海道のものだったのね。
「ゆっくり走ろう北海道」のステッカーから、クマ、リス、キツネの木彫り、ドアポケット、ペナントとか昭和の香りのお土産がいっぱいあって、逆に物珍しく、おもしろかった。

近くの丘の公園より
IMG_4689.jpg
この方向がいっぱいある標識は佐渡の二ツ亀でもあったな。

IMG_4717.jpg
宗谷丘陵にて
IMG_4722.jpg
風力発電風車がいっぱいあります。

国内最大規模の57基の風力発電が丘いっぱいに広がる(ツーリングマップル情報より)

57基とか一列に並んでなく散らばっているから数えらんね。

IMG_4724.jpg
牛 ウシ うし

IMG_4727.jpg
「港のゆ」で入浴。泡ぶろ故障のため、700円が500円になっていました。

IMG_4731.jpg
風呂だけでなく、食事処、資料館、昔の街並みたいなものがありました。

IMG_4737.jpg
ぼくも、君も、みんなが知ってる月光仮面!
何かポーズがあやしいと思った。

月光仮面の乗ってるバイクはホンダ ドリームC70です。スーパーカブC70ではないですよ。

IMG_4740.jpg
木製の電柱。最近見なくなりました。
この看板の上の電球は、白熱灯ではなく、LED電球でした。


IMG_4743.jpg
北防波堤ドーム

みつばちの家へ
IMG_4747.jpg

ここは、テレビが地デジ化されていました。

IMG_4748.jpg
おっ、HTBがある。

IMG_4749.jpg
しかも、水曜どうでしょうclassicやってる。新潟では今やってないのに。いいなぁ~

IMG_4750.jpg


9月8日の行程

留萌みつばちハウス、日本海オロロンライン北上、天塩、ノシャップ岬、稚内、宗谷岬、宗谷丘陵、稚内最北端みつばちの家

北へ!北海道ツーリング2

2013年9月7日

新日本海フェリーで一晩過ごし、朝4時30分小樽港到着。曇り。

すぐ近くの小樽運河を見る。
IMG_4513.jpg

朝はすごく寒い。というか北海道寒い。

国道5号、337号、12号を通り、岩見沢へ

道路は2車線、かつ道幅が広いため走りやすい。

が、

流れがとんでもなく速い。

80キロ以上で流れている。しかも寒い。

バイパスみたいな所の一車線道路は後ろの車に追い立てられながら、ガチガチで震えながら走りました。

路肩を60キロでかわして走ればよかったかな?

岩見沢からは道道116、(道道・県道の北海道バージョン。道道なんて新潟にいたら聞きなれない)
国道452、道道135を通り、富良野へ
IMG_4515.jpg

国道237、から外れ、パノラマロードへ

IMG_4523.jpg

その後道道291、十勝岳スカイラインへ。上りはキツイ。

IMG_4524.jpg
吹上温泉露天の湯へ

ここは無料で混浴温泉です。

この温泉に入り、だいぶ体力回復しました。風呂は浅目でしたが、体の冷えが一気になくなり気分もよくなった。

十勝岳を下りつつ、「青い池」へ
美瑛川わきにあります。
IMG_4538.jpg
IMG_4533.jpg


さらに十勝岳を下り、「哲学の木」へ

IMG_4542.jpg
もう、天気が雨で気分が盛り上がりません。

上富良野町、「ジェットコースターの路」へ
IMG_4556.jpg
何かわかりずらいけど、道が上り下りを繰り返しています。

次、「マイルドセブンの丘」へ
IMG_4563.jpg
もう、雨で次々進みます。

「ケンとメリーの木」
IMG_4570.jpg

「セブンスターの木」
IMG_4573.jpg

ここら辺の、何とかの木、何とかの丘、は道が細かく、分かれているので、ナビがあった方が良いです。

私も、スマートフォンのナビを使いました。

国道237を通り、旭川へ
IMG_4575.jpg
ツーリングマップル旭川の拡大図を見ると、ロータリー交差点があったので、走ってみました。

新潟にはロータリー交差点ないので、どんなものかと。

なんか、信号もあったけどどれが何なのか、内側と外側どこら辺走れば良いのかわかんねから真ん中走り、意味もなく一周ぐるっと周りました。

旭川から国道12号を深川に向けて。
IMG_4576.jpg
秩父別町(ちっぷべつ)
IMG_4577.jpg
ちっぷゆう&ゆ で温泉に入浴。大人500円

留萌(るもい)に向けて。国道233.
IMG_4578.jpg
もう夜です。写真は外灯が映ってますが、基本、外灯なしの真っ暗闇です。CT110の6Vヘッドライトでは怖いです。シカとかキツネいたら止まりきれないかも。明かりがあるとしたら写真の矢印マーク。これは緑色で綺麗だった。

日中の矢印はこんな感じ
IMG_4539.jpg
ちょっと写真小さすぎるか

留萌のライダーハウス「みつばちハウス」で泊まります。
IMG_4582.jpg
IMG_4585.jpg
ライダーハウスはそれぞれ使用に関してルールがあります。

ここのみつばちハウスは、
チェックイン・13時~21時
外出・23時まで
駐車・室内ではエンジンをかけない。ハーレー・車など室内に入らない車両は入宿不可。
飲食・1階談話室のみ。飲酒時間17~23:30
消灯・23時(2階)24時完全消灯
ゴミ・分別表に従う
出発・8時以前に出発する場合ハウスから100M離れてからエンジン始動

などがあります。

この日は15名ほどの利用で、女性の学生もいました。しかもスーパーカブで
女性部屋もありますし、2階は布団の用意もあります。
台所、冷蔵庫、電子レンジ、ポット、洗濯機、トイレ、テレビは地デジ化に失敗したので映らない。
コンセントも使えるので携帯電話の充電もできます。

これだけ充実していて無料で宿泊できます。(機器の使用料、カンパ等は必要です。)
このライダーハウスはボランティア・商店街の支援で成り立っているそうです。

本当は前日までに予約がいるそうですが、私は飛び込みで行ってしまいましたが、人数に余裕があるので泊まれました。
受付では、住所、名前、免許証番号等を記入します。

談話室で、いろいろバイク話、明日どこに行くか、おすすめ情報など話題は盛りだくさんで、北海道初めて&ライダーハウス初めての私でも安心できました。

9月7日行程

小樽、岩見沢、富良野、十勝岳、美瑛、旭川、深川、留萌ライダーハウスみつばちハウス

北へ!カード 1

2013年9月6日金曜日

桃太郎電鉄やっている人ならわかるかな?北へぶっとびました。CT110とともに。

IMG_4481.jpg
ぶっとびと言ってもフェリーですけどね。

IMG_4486.jpg
フェリー「ゆうかり」です。

IMG_4484.jpg
フェリー船内の窓から。

IMG_4512.jpg
到着。??運河。

北へ!ぶっとんだんですけど、この記事書いているのは、新潟戻ってきてからなんですけどもね。
プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR