梅酒作り

2014年6月10日火曜日

梅酒、結構好きなので、自分で作ってみました。

スーパーに行ってみると、梅酒コーナーが作られています。
案外梅の実は時期があるから、先延ばしにしていると梅の時期が終わっていたりするんで気を付けます。
暇だったら、その様子をご覧ください。

用意したもの

お酒(ホワイトリカー)1.8Lを2本用意しました。
氷砂糖1kg

IMG_6000.jpg
4Lのガラス製ビン

IMG_5999.jpg
梅1キロ
(少し古くなったものを選別してみました)


IMG_6003.jpg
まずは、梅のヘタを爪楊枝で取り除きました。

IMG_6004.jpg
思ったよりも簡単に取れました。

IMG_6006.jpg
水洗いと、水に浸けてアク抜きをしました。古くなった実はアク抜きは必要ないらしいので、アク抜き時間は5分だけでやりました。

IMG_6007.jpg
その後、キッチンペーパーで優しくかつ、しっかり水気を取りました。

IMG_6008.jpg
念のため、6時間ほど風通しの良さげな所に置き水気をなくしました。

IMG_6009.jpg
ビンの蓋を開けて梅を入れます。

ちなみに、ビンは熱湯消毒が一般的の消毒方法らしいですが、今回は、洗剤できれいに洗って乾かしただけで進めました。

IMG_6010.jpg
梅の層ができるように入れました。

IMG_6011.jpg
次に、氷砂糖の層ができるように入れました。

IMG_6013.jpg
梅を入れ、氷砂糖を入れ、を繰り返しました。
梅は1kg入れ、氷砂糖はおそらく、800グラムほど入れました。

IMG_6014.jpg
次に、いよいよお酒を注ぎます。
ホワイトリカーを1本(1.8L)入れました。

IMG_6015.jpg
まだ少し余裕があったので、2本目を少し入れ注ぎ足しました。

蓋を閉めて、完成です。

完成と言ってもまだ飲めません。
3か月後くらいから飲み始められるようです。

直射日光の当たらない部屋の端っこに置いておきます。


その後

1日後の様子
IMG_6016.jpg
氷砂糖が沈み、梅が茶色くなってきました。

1か月後の様子
IMG_6073.jpg
氷砂糖は溶けましたが、砂糖のもやもやっとした流れが見えます。
色も琥珀色っぽくなってきました。

11月14日
作ってから5か月過ぎました。

IMG_6466.jpg
氷砂糖は溶け、梅は底に沈んでします。

IMG_6467.jpg
冷蔵庫で保存し冷やすため、市販の梅酒の空き瓶に詰め替えました。
ちなみにこのサントリー社の「澄みわたる梅酒」は無色透明ですが、梅の香り、味わいがよくおいしかったです。

右のグラスに入っているのは今回作った自家製梅酒です。

味は、少し、渋みか苦味みたいなのが出てしまいました。
原因としては、
・少し古くなった梅を使った
・アク抜きが足りなかった
からかな?
実家で作った梅酒はこんな味ではなかったので。
氷砂糖の分量が足りないってこともないだろうし。

とはいえ、市販のものより、味が濃いです。そして、アルコール度数が高いので、けっこうきます。
冷やしてストレートで飲んだり、炭酸水で割ったりして飲んでいます。
スポンサーサイト

オレオっぽいお菓子

オレオの安価バージョンみたいなお菓子を発見しました。

商品名・Bono ボノっていうみたいです。

その他

原産国はブラジルです。 なんかブラジルっぽい包装です(最初はアジア系の商品だと思っていた)

その他

写真写り悪いですが実際の商品はもっとビスケットのいい色をしています。

その他

ビスケットの間にはチョコレートクリームがあります。これもチョコレートは程遠い色合いをしていますが、本当はもっと美味しそうな色をしています。

その他

オレオよりビスケットは固めで、オレオのような苦みはあまりないような気がしました。
プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR