サスペンション交換

2016年7月31日 日曜日

CT110のリアサスペンションをYSSスーパーカブ50・70・90・リトルカブ用のサスに交換しました。

純正のサスペンションは5段階ある調整を一番柔らかくしても、バタバタして乗り心地は良くありません。(空荷の板バネ軽トラの荷台のイメージ)
なんとなくの予想ですが、バネは固くはないが、内部のオイルが固くサスのロッドの動きがいまいちな感じがします。

それに比べて、YSSサスは良く伸び縮みしてくれます。
実際、地面に当てて全体重をかけ押して比べてみると、YSSの方が縮みます。

スーパーカブ50~90のの車体重量が80キロ前後なのに比べて、CT110は90キロを超えてます。

純正サスは、それなりの車体重量を支える目的と、海外での大柄な人に対応する容量、ハードな使用?に耐えるため、初めから固く作られているのかもしれません。そして5段階調節機構もついてますし。

色はメッキ・ブラック

IMG_7826.jpg

IMG_7827.jpg
長さは純正と同じ330mmです。
パッと見で太さが違いますね。
純正サスは赤く自家塗装してあります。

IMG_7828.jpg
YSSはチェーンケースに干渉しないようオフセット設計されています。

IMG_7829.jpg
サス上部はCT110はゴムのブッシュでの取り付けなので、YSSのブッシュと金属のカラーは取り外します。
ちなみに下部の取り付け部はスーパーカブと径が同じでしたのでそのままで大丈夫でした。

IMG_7830.jpg
カラーの取り外し
ディープソケットレンチのサイズの丁度良いソケットを当てて、ハンマーで叩いて外しました。

IMG_7831.jpg
ブッシュも同じように叩いて外しました。

IMG_7832.jpg
CT110のブッシュも取り外し、YSSに付け替えました。

IMG_7833.jpg
これで、無事取り付けできます。

IMG_7836.jpg
チェーンケースに干渉はありません。

IMG_7837.jpg
車体右側はマフラーがあるのでちょっと厄介です。
サス取り付け部、バッテリー上部のナットは完全に取り外し、エンジン部分は軽く緩めておき、マフラーが少しずらせる程度にしておきます。
画像のナットはマフラー固定ナットを外し、次に現れるサス固定ナット部分です。
このナットはサイズが19なので、手持ちのソケットは最大17しかなかったので19を探し回りました。

IMG_7839.jpg
こちらも無事に取り付け完了。

IMG_7842.jpg
YSSはサスペンションが太いですが、マフラー部の「逃がし」の部分に当たることなく行けました。

夕立のため、近所を一回りしたところ、バタバタ感はなくなったように感じます。
フワフワ感が出てきたかな。私的には底付きしない程度の柔らかいほうが好みなので。
スポンサーサイト

シートの交換

2016年7月31日 日曜日

CT110の破れてきたシートを、ほぼ新車取り外し品と交換しました。つまりほぼ新品シートです。




↑今までのシート
座面にしわが出てきて、表皮も柔軟性が低くなってきています。若干パリパリしはじめています。

IMG_7820.jpg

IMG_7822.jpg
新しいシートには取り付けのステーやゴムの吸盤も付いていたので、
ここの2本のナットを取り外して交換します。



IMG_7821.jpg
↑新しいシートです。
これまでと同じく、オーストラリアのアグリカルチャー仕様。

IMG_7824.jpg
ちょっと汚れがついてますが取り付け完了。

座った感じは、内部のスポンジも新品なのでちょっと高反発で角が立っている印象です。

CT110のシートはこのオーストラリア(AU)のアグリカルチャー(AG)仕様のほかに、北米(US)仕様、オーストラリアの郵政仕様シートの3つが付けられるようです。

AUのAG仕様・標準シート
US仕様・表皮がタックロール
AUの郵政仕様・座面、シート厚が大きい

調べてみるとこんな違いがありました。

バッテリー交換

2016年7月23日土曜日

CT110の6Vバッテリーを交換しました。26.161キロ時
品番は6N4です。
6N4の後の2A-4は端子の形状とかの違いだったかな。

ほぼ新車のCT110からの取り外し品を購入しました。国内メーカーのGSユアサの6Vバッテリーです。事前に充電しておきました。
(6ヶ月または走行距離1万kmまでの製品補償付き)だそうです。
新品で購入したわけではないので、保証書なんかはありません。


左・今まで使っていた、ベトナム製バッテリー
右・GSユアサのインドネシア製バッテリー

IMG_7659.jpg
ヒューズボックスの形状がこれまでと違いました。

上の黒いのが今までのヒューズボックス。筒の中に管ヒューズを入れて蓋を回して固定するタイプです。

その下の黄色いのがGSユアサのヒューズボックスです。パカっと二つ折りに開けるタイプです。

どちらも10Aの管ヒューズでした。

IMG_7660.jpg
新しい黄色いヒューズボックスでも、バッテリーの固定する金具にはまりましたので問題はありません。

IMG_7663.jpg
キーONでのニュートラルランプが明るいです。

これまでのベトナムバッテリーも充電すれば復活しますが、しばらく乗らないでいると、ニュートラルランプも点かないくらいに枯れてしまうので、6VLED工作用に余生を使いたいと思います。

三春藩カブ主総会へ

2015年5月24日日曜日

ブログの更新が滞ってしまいました。

思い出しながら、簡単に書いていきます。


福島県の田村郡三春町でホンダ カブのカブ主総会が開催されるということで、

カブ系エンジン搭載のハンターカブCT110で参加してきました。

ベンリィを増車してからというもの、あまりにベンリィが快適すぎて、出番のないCT110ですが、カブミーティングなのでカブで行きます。


道中、ガソリンの残量が少なくなりガソリンスタンドも見つからず、50キロ巡航の低燃費走行や、道に迷いなぜか須賀川カブミーティング会場に着くなどで、会場には30分遅れて到着。


IMG_6824.jpg
カブ主総会だけあって、カブだらけ。


IMG_6822.jpg
朝晩は寒いですが、会場は暑かったです。



個人的なアイデア賞
IMG_6825.jpg
黄色いクロスカブですが

IMG_6826.jpg
釣り具メーカーダイワのバッカンを利用してサイドバッグとしていました。

ちょうど車体と同じ黄色でサイズもいい具合です。
バッカンなので防水もしっかりしていますし、ある程度柔軟性があるので、転倒やぶつけたりしても割れたりしないし。




総会の後半で抽選会が開かれました。

自分の番号がなかなか呼ばれず、あきらめモードでしたが・・・





DSC_8568.jpg
シンプソンのヘルメットが当たりました!!

正直ステージ前に出るのが恥ずかしかったです。

問題は、どうやって持って帰るかですが、さすがカブ。
荷台に箱付けてますし、ゴムロープ持ってきていたので、何とか荷物とお土産とともに詰め込みました。


主催者の皆様ありがとうございました。

泥除け交換(マッドフラップ)

2015年5月23日土曜日

CTのフロントフェンダーに付いている、ゴムの泥除け(マッドフラップ)がボロくなってきたので、交換しました。

CT110純正の泥除けを買ってもよかったのですが、ここは、より大型のクロスカブ用のを用いました。

IMG_6813.jpg
交換前

何かの拍子にこのゴムをタイヤに巻き込んでしまうことがあるんですよね。
ネジを2つ外せば簡単に外れます。


IMG_6814.jpg
左が、クロスカブ用の泥除けです。


IMG_6815.jpg
2つを重ねてみました。

クロスカブのものはCTの2倍ほどの大きさがあります。

ネジの取り付け穴の位置は2つとも一緒です。

IMG_6816.jpg
取り付けですが、若干クロスカブの方がゴムの厚さが厚いためCTに付いていたネジでは長さが足りませんでした。

適当にサイズの合うネジを持ってきて取り付けました。

IMG_6818.jpg
レッグシールドの付いていないCTにとって、泥除けが長くなったおかげで靴に水しぶきなんかが飛んでくることも減るでしょう。

他のCT乗りのブログを見ると、タイヤへの巻き込み防止のため、プラスチック版を挟んでいたり工夫していますね。
プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR