スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タナカECS-3350 チェーンソーのキャブレター分解

チェーンソーのエンジンのかかりが悪いため、キャブレターを分解してダイヤフラムを交換しました。

チョークを引っ張ってスターターを何度も引くと、マフラーからガソリンが出てきてプラグがかぶってしまいエンジンがかかりません。

スロットルを開けたままスターターを引っ張るとかかりますが、スロットルを戻すとエンスト。

ガソリンを抜いて、キャブ内のガソリンが無くなるまでエンジンをかけてから保管しているため、腐ったガソリンでキャブが詰まっているのは考えにくいので、調べてみるとダイヤフラムの劣化の可能性がでてきました。

IMG_7614.jpg
IMG_7615.jpg
IMG_7618.jpg
IMG_7616.jpg
タナカのエンジンチェーンソーです。

現在は日立工機のタナカブランドになっているようです。
チェーンソーや刈払機はいろんなメーカーがあって、合併したりOEM品なんかもあって複雑です。
このタナカブランドのチェーンソーも、日立ブランドで販売してますし。車でいうところの姉妹車でしょうか。

IMG_7617.jpg
IMG_7622.jpg
エアークリーナーは乾式のろ紙みたいなものでした。

IMG_7623.jpg
エアークリーナー下の空気導入部。

IMG_7627.jpg
スターターロープ部分のカバーを外したところ。

IMG_7628.jpg
マフラー部分

IMG_7626.jpg
点火プラグはチャンピオン社のCJ8というのが使われていました。
互換性のあるプラグはNGKではBM6Aです。

IMG_7624.jpg
キャブレター部分です。

なお、今回のチェーンソー写真は事前にコンプレッサーで空気を吹いてきれいに掃除してあります。


キャブのカバーを外したところ、エアークリーナーを通過した空気しか入ってこないはずですが、このカバー内に切りくずが入っていました。ということは少なくとも切りくずも一緒にエンジン内に入って燃焼していますよね。こんなんでエンジン壊れていないので意外と丈夫ですね。

IMG_7629.jpg
キャブとチョークの蓋を固定しているネジを2本外しました。

IMG_7630.jpg
キャブに繋がる燃料パイプを3本外し、スロットルワイヤーも外します。

IMG_7631.jpg
さすがに小さいキャブですね。(スーパーカブ比)

IMG_7632.jpg
Walbro製(ワルボロと読むみたい)


IMG_7634.jpg
型式はWT型

IMG_7635.jpg
アマゾンでワルボロ WT用のダイヤフラム、ガスケットの取り扱いがあったので購入。500円程

IMG_7636.jpg
ネジ4本で写真のメタリングダイヤフラムを取り出します。


IMG_7638.jpg
ゴムの膜部分が硬化しており、パリパリしていました。
このダイヤフラムの膜がポンプの役目をしてガソリンの供給や停止をするようです。

我が家のチェーンソーはガソリンの供給過多でエンジンがかからなかったようです。

キャブ自体は保管の状態が良かったのできれいでしたが、念のため分解してキャブクリーナーで洗浄しました。

IMG_7642.jpg
反対側はネジ1本で止まっています。

IMG_7645.jpg
ダイヤフラムを交換後取り付け。



IMG_7619.jpg
キャブの調整をします。
IDLE・アイドリング調整ネジ
H・高速調整ネジ
L・低速調整ネジ

いずれも-ドライバーで回します。

この調整がなかなか難しかったです。
うまい具合に調整しても、後日実際に木を切ってみると、スロットルを戻すとエンストしてしまい、まだまだうまい具合に調整ができていないです。

スポンサーサイト

掃除機の分解修理

日立の掃除機がごみすてサインが点滅して、スイッチを押しても動かなくなってしまいました。
もちろんごみパックは交換して、フィルターも掃除してあります。


IMG_7402.jpg

IMG_7401.jpg
型番はCV-KS8



それでは、分解していきます。

IMG_7403.jpg
掃除機後部の排気口部分にあるネジを外します。

IMG_7405.jpg
フタを開けて、左右にあるネジを外します。(計2本)
ドライバーの先端参照

IMG_7407.jpg
フタを上に持ち上げるとカバーが外れます。
ここまで、3本のネジだけで分解できました。

基盤にネジが1本あるので外します。
配線類も溝から外し負担がかからないようにします。

最近の電気製品は、部品同士の接合に「爪」を使ってパチッとはめ込み式が多いので、分解すると、プラスチックの劣化もさることながら、爪を折ってしまい余計に壊してしまうことが多いです。

そんな中、この掃除機はネジ3本で分解でき、作業性が良いです。


IMG_7414.jpg
電源コードのユニットを上にずらして外します。
板バネのゼンマイでコードを巻き取る仕組みですね。
チョロQのエンジンのデカイバージョンみたい。

余談ですが、
掃除機を使い込んでいくとコードの巻取り力が弱くなって、最後のほうで巻取りがとまってしまう事がありますよね?
そんな時には、組み立て時にゼンマイをちょっと強くした状態で、組み込むと最後までコードを巻き取ってくれます。
逆に弱くすることもできますが。


IMG_7418.jpg
モーター部分のユニットを上に動かし外します。
ユニットの白いカバーのタイヤ付近に、ちょっとした爪があるので注意です。

IMG_7424.jpg
外れました。

IMG_7413_20160327220351bb5.jpg
これがごみを感知するセンサー?
きれいに拭いておきました。

IMG_7429.jpg
モーター部分にあるブラシ。

IMG_7430.jpg
IMG_7434.jpg
新品時はどのくらいあったのか分かりませんが、中にばねがあるので磨り減っても出てくる仕組みです。シャープペンシルの芯みたいな感じ。

モーターを覆っているスポンジやその他の部品にくっ付いているスポンジを水洗いしました。
IMG_7427.jpg
↑水洗い前
↓水洗い中
IMG_7428.jpg
どろっどろ。
たぶんごみサインが点滅して動かなかった原因はこの詰まったスポンジですね。

いくらごみパックを新品に交換したからといって、モーター後部の空気の通り道がダメならば動きませんね。

ごみパックの後部側にもこんなスポンジがあるんですね。
このスポンジ、断熱や防音のためのスポンジかと思っていましたが、排気をよりクリーンにする2次フィルターとしての機能があるんでしょうか。

スポンジを洗剤につけたりして洗って、乾かし、乾燥後元に戻します。
両面テープを使ってあるスポンジは、新たに張り直しくっ付けます。

元通りに組み立てて、スイッチを入れると無事動きました。もちろんごみすてサインも消えています。

振り子時計(柱時計)の時報の音量調節取り付け


クオーツ式の振り子時計の電子時報がうるさくて仕方ないので、ボリューム(音量調節)を取り付けました。

夜間は鳴りませんが、朝6時から夜9時まで、ちょっとした音楽と時報が鳴ります。

電子音なんで重厚感はありませんね。
振り子も飾りで動くだけです。

IMG_7001.jpg
コメリで買ってきました。小さい部品ですが、600円くらいしたかな。
なぜか2割引きでした。

IMG_7002.jpg
配線は、1と2に接続しました。

IMG_7003.jpg
時計の裏蓋を+ドライバーで外していきます。

IMG_7004.jpg
スピーカーに繋がっている2本のを引っ張り出します。

IMG_7006.jpg
黒と、赤どっちだろうね?

赤で!(適当に)

ハサミで切ります。


IMG_7010.jpg
あとは、半田ごてを駆使して先程のボリュームの1と2に接続します。

音量調節は、丁度いい音量にするのが、けっこうシビアでしたが、
結果として、うるさくない音量にまで下げることができました。

コロナエアコンの分解掃除

アパートに備え付けのエアコン。
これ、冷房でも暖房でも運転始めると臭うんですよね。

ということで、分解掃除します。


IMG_6835.jpg
コロナルームエアコン
RH-22D
97年製らしいです。

今2015年だから18年目。
おそらく今まで、前面パネル内にあるエアーフィルターしか掃除されていませんので、ここは思い切って内部まで掃除します。

IMG_6836.jpg
使ったのは、コメリで買った、アースエアコン洗浄スプレー700円くらい

IMG_6889.jpg
100円のブラシ

そのほか、+ドライバー、噴霧器、バケツ、ボロシャツ、雑巾 など

IMG_6839.jpg
まず、現状確認ですが、吹き出し口は埃で汚れています。

エアコンのフィンはエアーフィルターがあるおかげでそんなに汚れていませんでした。





分解開始
IMG_6840.jpg
吹き出し口にある3つのネジを外します。

IMG_6842.jpg
3つネジを外して前面パネルを手前側に引きつつ、上に上げます。
すると、パネルは簡単に外れました。
コロナのエアコンは思っていたよりも簡単にパネルが外れました。

IMG_6844.jpg
左右のルーバー中央にあるネジ1本を外します。

IMG_6845.jpg
これも簡単に外れました。


IMG_6846.jpg
制御基板をずらします。上のネジ1本を外します。

IMG_6848.jpg
基板下のつめを外します。

IMG_6849.jpg
外れました。配線に負担がかからないようにずらします。

IMG_6852.jpg
熱交換器の水を受けるドレンパンもつめを外せば動かせます。

IMG_6854.jpg
ここも、汚いです。

IMG_6865.jpg
熱交換器もつめを外せば、多少なら動かせます。

IMG_6871.jpg
ドレンパンをきれいにしたところ

IMG_6890.jpg
シロッコファン?羽の所の汚れはブラシと水できれいにして、すすぎは、噴霧器で水を吹きかけ汚れを洗い流しました。
汚れた水はバケツで受けます。
業者やほかのブログ主はゴミ袋などでうまく排水できるようカバーしていますが、めんどかったのでバケツで。

床にも当然滴るのでボロシャツなんかを敷いておいた方がいいです。

IMG_6894.jpg
すごくきれいになりました。臭いが無くなって快適です。

6畳用のエアコンですが、熱交換器のフィンだけで洗浄スプレー1.5本使いました。
ドレンパンや、シロッコファンは歯ブラシやブラシと水で地道に掃除しました。
エアーフィルターも今回、台所洗剤を付け、歯ブラシでこすると泡が茶色くなってきたので、掃除機をかけるだけの掃除だけではなく、たまには水洗いも必要だと思いました。


とりあえずこのような分解掃除をやるときは、あまり暑くない日、夏が来る前にやっておいた方がいいです。
掃除中はエアコン使えないし、天井付近なんで頭が熱くてつらいです。

100円チャッカマンの火力アップ!!

2014年2月6日木曜日

去年くらいに100円ショップで買ったチャッカマンが、ここ最近火力最大にしてもほんのちょっとしか火が出ず、
おまけに何回カチカチと点火レバーを引いても火のつきが悪くて仕方ありません。おまけに点火レバー固いから何回もやると指が疲れるし。

火が小さいから石油ストーブに点火しようとしてもなかなかつきません。

もちろんガスはまだ入っていますよ。捨てるのはもったいなさすぎるので、

分解して、火力の調整を少し上げてやろうと思います。

IMG_5639.jpg
こんな100円チャッカマンです。

IMG_5640.jpg
ガスはまだ入っています。

IMG_5642.jpg
これで、火力は最大の位置です。

買ったばかりの頃は火力最小の位置がこのくらいの炎だったと思います。

IMG_5643.jpg
ネジ2本外して本体を開けます。
左側の白いキャップみたいなのが接着されていて取れなかったので、このまま半分開けた感じで作業を進めました。

IMG_5644.jpg
白いギザギザしている部分が火力調整のプレートです。写真の位置だと火力は最大状態です。

この火力調節を少し上げ、ガス量を上げたいと思います。

IMG_5645.jpg
火力最大の位置にしたまま黒い部品をずらします。

IMG_5646.jpg
こんな感じで黒い部品をどかします。

IMG_5647.jpg
火力調節を回転させないように、白い火力調節プレートを上にずらします。

IMG_5649.jpg
火力調節は回さずに、火力調整のプレートを今度は火力最小側になるようにはめ込みます。

これで、ガスの量の調整ができました。

作業は以上です。あとは逆の手順で元に戻します。

IMG_5651.jpg
火力最小時の炎

IMG_5652.jpg
火力最大時の炎

ぎょぇーーー!!

火力上げすぎた!!

ボンバーマンでいったらフルファイヤー並みの危なさだねっか!!すかさず火力最小の位置へ

さっきの火力調節プレートをはめる位置を最小ではなく、中間付近で大丈夫そうです。

これで、ガスを最後まで使い切ることができそうです。

点火時にガス量が増えたことで、新品時並みに数回点火レバーを引くだけで点火でき、助かりました。
プロフィール

リュー

Author:リュー
はじめまして 
大学生から社会人になりました。「リュー」です。
魚釣り、バイク、車など趣味のことを不定期に書いていきたいと思います。
新潟県にいるのでどこかで発見したらよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。